2019年度のシーズンが本格的にスタートしました。日頃から関係者の皆様には、ご支援・ご声援を賜り深く感謝申し上げます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、昨秋の全日本王座  男女共に3位という結果を受けて、猛省と共に、決意新たに、部員一丸となって日本一になるためのチーム作りに励んで参りました。
現在、私たちは、テニスの技術向上、体力面の強化、メンタル面の強化、つまり、心技体の充実を目指して、日々取り組んでいます。学生選手とコーチ・トレーナーなどのスタッフが一体となって、テーマに基づき、選手自身が主体的に考え、課題と実践の繰り返しの中で、自身の課題克服と成長を目指して練習に励んでいます。
また、大学スポーツとしての学生のあり方やチームのあり方を再考し、団結力を高め、お互いに研鑽し成長し合えるチームを目指しています。

2019年度の目標は、チーム戦では、関西リーグ優勝、王座優勝です。関西リーグでは、男子はタイトル奪回、女子は3連覇に挑みます。そして、悲願の王座優勝に挑みます。また、個人戦では、全日本テニス選手権に多くの出場者を出すこと、インカレと関西学生全大会の優勝を目指します。そのために、関西学生並びにインカレの本戦数を増やしたいと思います。
この一年間、様々な取り組みに挑戦し、今年は個々の目標を達成していく所存です。

今年が素晴らしい一年になりますよう頑張って参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

関西大学体育会テニス部
監督  黒田哲也